上場企業と機関投資家、証券会社をつなぐIRプラットフォーム「みんなの説明会」を運営する株式会社みんせつ(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:中安祐貴、以下みんせつ)は、「みんなの説明会」のセルサイド利用者数を順調に伸ばし、2,000名を超えましたのでお知らせいたします。



みんせつでは2016年5月より、機関投資家と証券会社、そして上場企業をつなぐIRプラットフォーム「みんなの説明会」を提供してまいりました。「みんなの説明会」のセルサイド利用者数は、サービス提供開始以降、毎年120%以上の推移で増加してきました。SBI証券様との業務提携を始めとして、大手証券会社の導入も年々増加しており、国内外問わず幅広くご利用いただいております。また、決算説明会の情報掲載件数は、2020年の1年間で3,840件で日本一を堅持しており、情報収集効率化として多くの利用者に活用されております。
 
■ 「みんなの説明会」利用者の声
国内系証券会社アナリスト
・自分でも決算説明会の情報を収集して整理していたのですが、「みんなの説明会」を利用開始してからは、自分でまとめる必要がなくなりました。活用して目に見えて解決したことは、説明会の見落とし・取りこぼしがなくなったことです。決算説明会に参加しないと、議事録もレポートも作成できません。本サービスでは、効率的に説明会参加が実現可能になりました。
外資系証券会社アナリスト
・大企業から時価総額が小さい企業まで、ほぼ全て掲載されているので説明会情報収集は「みんなの説明会」だけで十分です。スマートフォンでも閲覧できるので、他の説明会の移動中に、次の説明会の確認、そして準備ができるようになり心の余裕も持てるようになりした。
・今までは決算説明会に関する連絡が多すぎてどこから新規開拓をしていいか困っていましたが、「みんなの説明会」を利用開始してからは、簡便に企業について情報収集が可能になり、開拓がスムーズにできるようになりました。結果として、説明会に行く機会が格段に増えました。
 
■ 今後の展望
このように、沢山のセルサイドの皆様を始め、多くの利用者、そして支援者に支えられていることを実感しております。上場企業と機関投資家、証券会社をつなぐIRプラットフォームとして、今後もさらなる満足感をもってご利用いただくために、利用者の声を大事にしながら、引き続きサービス開発に努め、株式市場の活性化に貢献して参ります。
 
■ 機関投資家(バイサイド)・証券会社(セルサイド)向けサービスとは
決算説明会を起点に、現在3,000社以上の情報を集約しています。説明会から1on1面談の申し込みまで一貫して行うことができ、業務効率化を促進します。



           ▲ 機関投資家・アナリスト向けサービスイメージ
WEBでの一元管理
決算説明会や1on1面談などのイベントの予定の確認から申し込みをWEB上で行え、無駄が省けます。
IR情報の収集
約3,000社を時価総額・売買代金・業種別にスクリーニングして説明会の日程確認、申し込みができます。
面談アレンジの効率化
ワンクリックで複数企業への1on1面談申し込みができ、ダイレクトIRで電話やメールの量が半減します。
リスク回避
一元管理することで、メールの見逃しや情報の間違いなどを減らし、予定の重複を防げます。
■ 「みんなの説明会」の概要
機関投資家と証券会社、そして上場企業を繋ぐプラットフォームサイトとして、国内では約9割の機関投資家が日常的に利用されています。機関投資家向けにIR情報を提供し、上場企業向けに機関投資家・アナリストに情報発信できるツールを提供し、証券会社向けに面談アレンジシステムを提供しています。
「みんなの説明会」サービスサイト
https://msetsu.com/