みんせつロゴマーク menu

セミナーレポート

「やる?やらない?実質株主判明調査」セミナーレポート Vol.4 実質株主判明調査を用いたエンゲージメント

2021年1月15日に弊社主催で実質株主判明調査について学べるセミナーを開催しました。
第1回[株主判明調査の概要]
https://msetsu.com/seminar/2058?post_date=20210125082303
第2回[IR活動での実質株主判明調査の活用法]
https://msetsu.com/seminar/2103?post_date=20210201092801
第3回[SR活動での実質株主判明調査の活用法]
https://msetsu.com/seminar/2129?post_date=20210201095428

第4回では市川氏に実質株主判明調査取得後の、投資家との対話を通したエンゲージメント(投資家との対話)についてお話いただいた内容をお届けします。

第1回から第3回まで、実質株主判明調査の概要からIR・SR活動での活用方法について市川氏にお話いただきました。本セミナーレポートの最後となる今回は、実質株主判明調査を使ったエンゲージメントでの活用方法について、投資家の声も含めながらお伝えします。

実質株主判明調査はポジティブな対話に活用

これまで実質株主判明調査の活用法をご紹介しましたが、最後にエンゲージメントでの活用方法についてお話していきます。エンゲージメントとは、スチュワードシップコードでいう「目的のある対話」ですね。目的は株主の価値を長期的に上げていくため、そしてそのために投資家と企業でしっかり対話をしていくことです。特に大株主にはエンゲージメントを実施することが重要です。

ただ大株主なのか普通の株主なのかという部分で実質株主判明調査をどのように捉えているのかっを何人かにお伺いしたので紹介します。国内のアセットマネジメントで新聞にもよく掲載されている有名なファンドマネージャーですが、ある企業の保有株、たまたま期末の直前に売却してすぐに再購入した企業に売却理由を尋ねられたそうです。おそらく単に利益確定、もしくはテクニカルな問題だったようで、テクニカルな問題なんですよと説明して事なきを得たとのことでしたが、ある特定の時点でのデータなので、聞かれたら回答しますが、そこは本当に注意してもらいたいとお話してくれました。

二件目は非常にベテランで信頼できる国内の信託銀行の方です。以前、実質株主判明調査のデータを元に企業の方が伺いに来た時に、間違っていることがたまにあり、困惑されたとお話くださいました。お伝えしたいこととしては実質株主判明結果には安易に振り回されてはいけないということです。そして、保有数よりも保有している理由や保有を継続したい条件、保有していないならどうしたら投資してくれるか、どうしたら株主価値を向上できるかなどポジティブな内容をディスカッションするきっかけとして捉えてほしいとおっしゃっていました。

最後は元々セルサイドアナリストでいま投資家側でESGチームに入っている海外のアセットマネジメントの方をご紹介します。実際に実質株主判明調査を実施している企業はプロキシーファイトが間に入ることがありますが、調査会社が機関投資家側の長期的な方針や投資方針、議決権行使を完全に理解していると言い難く、投資家の意図が企業に十分伝わらないことがあるそうです。これは反対側から見ても分かるのですが、会社の長期的な戦略を調査会社を介すより、直接話したほうが齟齬が生まれないと思います。企業の経営戦略とガバナンスを直接対話することで議案も賛同しやすくなりますし、会社側に有利になるように賛成しやすくなりますとおっしゃってました。

投資家目線を把握することが良好な対話の近道

これまで対話についてお話しましたが、対話を有効にするためには投資家の視点を知ることが必要です。スチュワードシップコードが改定されてから、様々な情報が機関投資家から発信されるようになりました。日本の株を世界で1番持っている機関投資家ブラックロック・ジャパンはパッシブで結構保有しています。

そして株主提案に1番反対していた三菱UFJ信託銀行や株主提案に1番賛成したフィデリティ投信。今挙げたような投資家が何を考えているのか、中長期で評価しているポイントは何かなど、レポートとして企業との対話の事例をどこも掲載しているので確認することは大事です。最近で言えば気候変動や人材戦略もテーマにあがっていています。もちろん財務戦略やガバナンスも重要ですがEとかS視点で先程のテーマも見ていますという内容がレポート記載されています。ガイドラインや行使結果もそれぞれホームページで出ていますのでまず読んでほしいと思います。

みずほ証券のストラテジスト菊池さんが去年の春ごろに「アクティビストの衝撃」という素晴らしい本を出されてまして、エンゲージメントについて非常に参考になるのでご興味のある方は御覧ください。

質問内容を考えるより、まずは関係構築を心がけること

エンゲージメントについてよく相談されるのが、「何を質問すればいいのか」ですが、まずは関係構築だと思います。実際にお会いしてすぐに「株主ですか」と聞く前に、まず関係を作ること、そしてその質問をしたい場合はクロージングトークになるかと思います。投資家から質問された後に、「こちらからも質問させて頂けますか。」という流れが大事です。

クレーム対応でも通じる部分があるかと思います。クレームや質問後に、「ありがとうございました、ところで当社に関して気になっていることや要望等あったら教えて頂けますかと質問すると結構回答がいただけるようです。それと同様に、IRでも投資家からの質問に回答した後に5分ぐらい時間が余っていたら「本日はありがとうございました当社から質問させていただけますか」と持っていくのがいいと思います。忙しかったらまた今度となることもありますが、嫌がる投資家はいないと思います。

質問内容の例になりますが、株主には「現在、当社株を保有されていると推察しますが差し支えなければ現在の保有状況を教えて頂けますか。」「IPOのときは買われていたと思うのですが現在も保有していますか」などですね。株主か不明な場合は「もしかしたらお持ちでないかと思うんですけど教えていただけますか。」など、もし株主ということが対話を通して発覚した場合は「株主になって頂きありがとうございます。株主としてアドバイスいただけますか」、株主ではない場合は「どういう条件なら投資できますか」「もっとESGで下の方になると深くなっていきますけどこういう議案があったらどう思われますか」「他の投資家やアクティビストからこんな意見がありますけどどう思われますか。」といったような内容になるかと思います。

このような深い質問を可能にするためには、株主と良好な関係を作ることが先決になることが分かります。突き詰めれば人と人なので誠意をもって対応することが大事だと私は考えます。

※市川氏スライドより

最後に、私たちはインベストメントチェーンの担い手という認識を持つことが大事としてプレゼンテーションを締めくくってくださった市川氏。企業と投資家がしっかりと対話することでインベストメントチェーンの歯車がしっかっりと噛み合って回っていくこと、そして世の中でお金を円滑に回していくにはIRやSRが非常に重要な役割を果たしていると認識した上で投資家と深い対話をしてもらいたいとIR・SR担当者へエールを送ってくださいました。

※市川氏スライドより

株式会社みんせつでは、IR・SR担当者向けのセミナーを随時開催しています。
ご興味のあるIR・SR関係者の方々はお問い合わせir@msetsu.com (担当:峰岸)よりご連絡ください。

関連記事