みんせつロゴマーク menu

セミナーレポート

「初めてのSR訪問 5W1H」セミナーレポート Vol.4 SR訪問に必要な5W1H / How編

2021年2月19日に弊社主催でSR訪問で重要な5W1Hについて学べるセミナーを開催しました。

第4回は、SR訪問での対話によって企業側と株主の双方に利益をもたらすとお話いただいたブラックロックの藤木氏と、楽天で計15年間にわたってIR資金調達及び東証一部の上場準備を経験された市川氏が、SR訪問の基本となる「How」についての対談内容をお伝えします。

How: 長期的な経営戦略を日頃から対話することが大事

市川氏
どうしたら効果的なSR訪問にできるか、「How」についてお伺いしていきます。まず会社提案ですが、買収防衛策もあまり賛成されることはないと思いますし、あるいは取締役の選任も意外と反対されることもありますし難しいですよね。株式報酬も議案になることがありますが、どうしたら会社提案に賛成しやすくなるのでしょうか。

藤木氏
一般的には、長期戦略が明確で投資家と企業の間で相互理解が醸成できていれば、会社側議案に対する理解は得やすくなるのではないでしょうか。買収防衛策については、買収防衛策の設計や取締役会や独立委員会の独立性などは大前提ですが、導入の背景や長期的な戦略について明確な方向性が示されていると、より前向きに検討しやすいと思います。

市川氏
社外役員も含めた取締役会としての意思決定プロセスがしっかりしていて、かつ長期的な経営戦略を日頃から理解していると、必ずしも賛成するわけではないが賛成しやすくなるということですね。

意味のあるSR訪問を嫌がる担当者はいない

市川氏
コンタクト方法ですが、どの担当者にどのようにコンタクトすればよいか悩む方は多いと思います。ブラックロックさんの場合は、公開されている連絡先にコンタクトするのが良いでしょうか。

藤木氏
ガイドライン改定時のリリース記事に、弊社のインベストメントスチュワードシップ部のメールアドレスを記載しておりますので、そちらにコンタクトしていただければと思います。また、弊社の運用担当者とコンタクトいただいているようでしたら、その担当者に連絡いただければ対応いたします。

市川氏
現在は、スチュワードシップレポートで調べられますが、昔はガイドラインがホームページに見つからないこともありました。運用担当者やアナリスト、バイサイドアナリスト経由でESGチームの連絡先を伺って、英語で質問を作成して返信が来るのを待っていました。最近は大体の機関投資家もコンタクト先を公開されていますし、アナリストやファンドマネージャー、証券会社にお願いすれば連絡とれますよね。私としては、みんせつさんにSRミーティングのアレンジもお願いしたいと思っています。

藤木氏
弊社も、投資先企業のIR/SR担当者にどのようにコンタクトをすればいいのか、特に議決権行使のシーズンで時間的余裕が少ない状況で、中期経営計画や業績動向について企業に確認したい場合、どなたにコンタクトするのが最も効率的なのか悩みます。

市川氏
中安さん(みんせつ代表取締役兼CEO)にお話いただきましょう。

中安
みんせつでは、通常のIRミーティングだけではなく、ESG関連のミーティングもアレンジしています。ミーティングリクエストの時に、”私はESG担当です”と記載した上で、SR担当者との面談をリクエストしている運用会社さんも結構いらっしゃいます。

市川氏
その活用方法はいいですね。最初の窓口はIRチームが受け、そこから(ESGなど)必要な部署に連絡することになります。総会担当者やサスティナビリティ担当者などを繋いで、ミーティングのセッティングをします。ストックオプションの時には、人事担当者を繋いでミーティングしましょう、という流れになります。ある程度一元化されていると、投資家側もお互い楽になりそうですね。

 

最近では、企業の安定的かつ長期的な経営戦略には、(E)環境(S)社会(G)ガバナンスが影響しているの考えが浸透してきています。ESGが企業価値の判断基準となることが多くなっている中、ますますSR訪問の需要が高まっています。SR訪問の意義を理解した上で、企業と株主、双方の利益をもたらすことができる対話が増えますと幸いです。

 

株式会社みんせつでは、IR・SR担当者向けのセミナーを随時開催しています。
ご興味のあるIR・SR関係者の方々はお問い合わせir@msetsu.com (担当:峰岸)よりご連絡ください。
関連記事